日給という考え方について。

日給という考え方について。

日給制が持っている利点について

アルバイトであるとしてもパートタイマーであっても、いわゆる日給制というのはあらゆる面で醍醐味です。言うまでもなく月給制を望んでいる方もいるはずです。しかしながらトータルで見て日給制のほうがアドバンテージとなる部分はあるといえます。ひとつの例として連日1万円もらって月に30万円になることと、月末に30万円支払われることでは、額面としては同様ですが、大きく異なることとなります。ローンで借りた場合において当然金利がついてきます。その反対に銀行もしくは郵便局に入金しておいても利子を手にできます。

仮に日給1万円と月末30万円と比べるなら、月額はこちらの利子の分が入れられていません。その結果日給制であればあるほどプラスということです。ですから同じと感じられても実態は全く別です。こうした場合月末に支払う会社が金銭を遅く支払うことが出来るわけだですから、日給制の労働者よりも月給制の労働者の方が損しているということです。金額の価値というのは支給される時間によって値打ちに変化があるからです。というわけで日給制は月給制と照らし合わせて付加価値があるということになります。実際に、日給制を選択されている人をみてみますと、今すぐに現金が欲しいというケースが多いといえます。