日給という考え方について。

日給という考え方について。

最近増えてきている日給制という働き方

勤務形態には、多様なワークスタイルがあります。そのような中で、日給というような考え方があります。原則として勤務した日数分だけをもらうというシステムと言えます。それらの他にも時間給あるいは月給などが見られます。時間給は勤務した時間で単価が決めれていてパートタイマーなどで活用される採用方法です。それから、月給というようなものがあり1ヶ月に業務につく日数の限度をしていないアプローチです。それから、求人情報誌に目を通して圧倒的に目につくのが日給です。勤める日数が少ないともうひとつ期待できる給料にはなりませんが、それとは反対に土、日曜日なども作業する仕事場では、週休二日制ではない仕事になっていることも考えられます。

言うまでもなく、時間外の仕事をするとその割合に応じ加算されるようになっています。現在広がりを見せているのが、日給月給というアプローチです。ベースに業務につく日数が確約されていて、それ以上の日があればその分だけを支給するという形式になります。とりわけ、製造業あるいは建設業ではこの方式が取り扱われていて、仕事が一切無い時には仕事が休みですが定められた基本給は貰えるようになっていて、最盛期では勤める日数が増えその割合に応じて給料が高額になります。